蒲草ストロー bullrush straw

感謝日本朋友 Minshan Wu 熱情介紹並授權刊載本官網!

此原文發表於LinkeIn,不適用任何商業用途,且禁止轉載於他處。

https://www.linkedin.com/posts/activity-6813460332741312513-wuZ4


【エシカル商品】サステナブルな代替素材のストロー 台湾編(1)


プラスチックストローを廃絶しようとする動きが進化中です。


以前、代替ストローという話に少し触れましたが、今回は台湾発の環境に優しいストローを紹介します。

------------------------


《蒲草ストロー bullrush straw 》


*Brand:玩艸植造Wonder Greener


1、きっかけ:

台湾では2019年から百貨店やファストフード店などで使い捨てのプラ製ストローの規制が始まったので、玩艸植造の創設者はカフェオーナーであり、店内にステンレス製、ガラス製や紙製などの代替ストローを提供しましたが、評判が良くなかったそうです。


デメリット:

(1)ステンレスストロー→不透明なので、きれいに洗ったのかという疑問

(2)ガラスストロー→割れるリスク

(3)紙ストロー→耐久性よくない、長時間使用すると柔らかくなる


他の代替案(市販ストロー)を検討しましたが、

(4)バガスビストロー(bagasse straw、サトウキビの絞りかす)

(5)コーヒーカスストロー(coffee grounds straw)


だいたいPLA(ポリ乳酸)を含めていて、リサイクルの問題になります。


※ポリ乳酸が他のプラスチック(PEやPETなど)との混合状態によるリサイクル問題、ポリ乳酸単独で廃棄物収集を行うのはベストです。


※生分解性プラスチックで有名なPLAは、トウモロコシなどの植物由来のからのプラスチックです。コンポストなど高温多湿環境では分解されますが、通常の土壌環境や水環境だと基本は生分解が起きません。


2、開発に至る

環境に優しい理想な既存品がなかなか見つからなくて、植物素材に着目し始めました。

半年かけて、水栗(water chestnuts)、葦(reed)やパパイヤの葉の茎などを繰り返し試行してみたら、蒲草の茎は最適な材料だと考えました。


しかし、蒲草は水生植物なので、加工段階の乾燥度と輸送時の温湿度管理は重要です。


3、環境に優しい

(1)栽培に化学肥料を使っていない

(2)100%蒲草。製造・加工(乾燥・カット)過程に添加物は一切使っていない

(3)3〜6月自然な環境のもとで分解され、落ち葉と同じに生ゴミ、一般ゴミ或いはコンポスト(堆肥)として扱う

(4)農家と契約栽培により、貧困なくし地域活性化



4、SDGsに取り組む目標

No.12-つくる責任 つかう責任 Responsible consumption, production

No.13-気候変動に具体的な対策を Climate action

No.14-海の豊かさを守ろう Life below water


5、問題点

(1)タピオカが吸えない(植物なので茎径のサイズに限界がある)

(2)輸送コスト、品質確保や国際輸送によるCO2排出量


6、今後の展開

現在はベトナムの蒲草を使用していますが、今後は全部Made in Taiwanという目標を目指し、学者・専門家と農家と協力して取り組んでいます。


(1)荒廃農地・休耕地を復旧

(2)契約農業により農家の収益性や生産性の向上、若者の帰郷耕作

(3)持続可能な農業(sustainable agriculture):エコフレンドリー、自然共生


エシカル商品は人や社会、環境を意識して作られた商品のことで、開発には表面的に向き合うのではなく、エシカルの考えを持ち、商品の生産過程や、生産に関わる人たちの生活背景にまで目を向けることで、生産・販売活動を全面的に見直さなければなりません。まだ、エシカルの広がりは、社会問題の解決につながっていくと思われています。


これからも、環境と人に優しい世界を目指しましょう。


*このポストはビジネスとは関係ない、自分がいいかもと思うものを紹介したいだけ。

*日本の草ストローブランドはあります。

*Source: 玩艸植造Wonder Greener、生命力新聞

9 次瀏覽0 則留言